2017.12.06

掲載誌(「たまごクラブ」ほか)

1712
・「たまごクラブ」12月号(ベネッセコーポレーション)
・「ひよこクラブ」12月号(ベネッセコーポレーション)

通販美容連合タイアップ企画のイラストを担当しました。


・祥伝社MOOK「からだにいいことpreco」(祥伝社)

巻頭“どうしてプレコンセプションケアが必要なの?”
“20~50歳のライフビジョンを考えてみよう”ページの
イラストを担当しました。

◇からだにいいことprecoホームページ
http://www.preco.info/


・進研ゼミ中学講座ダイレクトメール(ベネッセコーポレーション)

12月に送付されます中学3年生保護者用冊子の
イラストを担当しました。



写真は5月に旅した盛岡での一枚。
以前手にした盛岡のタウン誌「てくり」の喫茶店特集で憧れていた
喫茶cartaにて。
カップやミルクピッチャーのくちばしの可愛らしさよ…


|

2017.11.17

掲載誌(「すぐでき!晩ごはん222」ほか)

1710
・「玄関あけたらすぐでき!シリーズVOL.1下ごしらえなし!すぐでき!晩ごはん222」
(レタスクラブムック)

KADOKAWA刊、レタスクラブムックの新シリーズ
「玄関あけたらすぐでき!シリーズ」。
お腹が時計になっているコックさんのキャラクター10点を担当しました。
表1、中面、表4とたくさん誌面にちりばめていただいて。

帰ってからすぐ作れるおかずを知りたいという人のために
ほぼ15分で作れる222点ものおかずが掲載されています。
材料2品で、特急炒めもの、フライパンでさっと煮…など
身近な食材や道具でササッと作れるレシピがたくさん。

電子書籍も同時発売されています。

◇KADOKAWAホームページ
http://www.kadokawa.co.jp/product/321706000880/


・「栄養と料理」12月号(女子栄養大学出版部)

50歳からの糖尿病対策特集号。
“糖尿病60代からの食事術”ページにて
扉絵、イラストを担当しました。

表1のブッシュ・ド・ノエルは、SWEETCH主宰笠尾美絵さん作。
他にも糖質控えめレシピのお菓子がいろいろ掲載されています。

◇女子栄養大学出版部ホームページ
http://www.eiyo21.com/



写真は青森県弘前市にある“ao+水玉”さんにて求めたTORAJAM。
京都のいのはらさんが手作りされているもの。
山椒の葉がピリリと効いて。


|

2017.09.20

掲載誌(からだにいいこと11月号)

1709
・「からだにいいこと」11月号(祥伝社)

“35歳からの「更年期対策」”特集にて
扉絵、中面イラストを担当しました。

◇からだにいいことwebサイト
http://www.karakoto.net/index.php



写真は、5月に旅した青森県弘前市、藤田記念庭園洋館で
いただいた珈琲アップルパイセット。
メニュウにならぶいくつものアップルパイから選ぶ悩ましさよ…


|

2017.08.05

ある日のおさんじ_15

1702
本日も過去のつぶやきから、おさんじの一粒を。
“ある日のおさんじ”は、おやつと
そのおともに読んだ本を紹介するつぶやきです。


○ある日のおさんじ_15

熱海・三木製菓のロシアケーキ

昨年旅した静岡で見つけたお菓子その2。
三木製菓のお菓子は、そのパッケージにいたるまで愛らしい。
ねずみのイラストがロゴマークに使われていたけれど
ひょっとして三木→ミッキーマウスということなのかしらん?


三木製菓
http://www.mikiseika.com/index.html


○おやつのおとも(本)

「ロベール・ドアノーと時代の肖像」ベルナール・ビュフェ美術館

旅のおわりにクレマチスの丘へ。ずっと訪れたかった場所。
ベルナール・ビュフェ美術館ではドアノーの写真展が開催されていて
数々のポートレイトや代表作に見入った。
今回のおやつのおともはその図録。

ポートレイトに写る作家本人も味わい深いけれど
ともに写されたアトリエの様子に興味をひかれる。

表紙に掲載されたイヴ・サン=ローランの背景には
ベルナール・ビュフェが描いた彼の肖像画が写っていたりして。


ベルナール・ビュフェ美術館
https://www.clematis-no-oka.co.jp/buffet-museum/
美術館に併設されたカフェ&ショップ“TREEHOUSE”のロゴは
キギの植原亮輔さん、渡邉良重さんによるデザイン。
オリジナルグッズの品揃えもいろいろと。


|

2016.12.26

ある日のおさんじ_14

1611
本日も過去のつぶやきから、おさんじの一粒を。
“ある日のおさんじ”は、おやつと
そのおともに読んだ本を紹介するつぶやきです。


○ある日のおさんじ

伊豆下田、日進堂菓子店のマドレーヌ

十月に旅した静岡で見つけたお菓子。
駅からペリーロードに至る商店街沿いに佇む菓子店にて。
旅先で、その土地の素朴でおいしいお菓子に出会えることは
旅の醍醐味のひとつだなあ、とあらためて。

因みにこちらのマドレーヌ
三島由紀夫が気に入っていたお菓子なのだとか。


日進堂菓子店
http://nisshindoshop.weebly.com/


○おやつのおとも

「白夜の旅」東山魁夷

ここ数年かかわっている“川口一箱古本市”で見つけた本。
絵描きの旅行記は好物なので食指が動いて。

マドレーヌのおともに、画家、東山魁夷による北欧旅行記。
旅つながりということで…。


|

2013.11.12

ブドウフルフルヤマナシ_2

131112
西湖をあとにして向かったのは
笛吹市。
お世話になっているkanonさん、
元は郵便局だったというレトロな建物の
2階にあります。
(1階は古道具のtocotowa)
木の階段をあがって、、、
久しぶりにご店主kなべちゃんに
お会いすることが叶いました。


すみずみまでkなべちゃんらしさが
行き届いていて清々しい店内。
ご一緒したMさんと
うわー、うわーと歓声をあげながら
お店の中を何度もうろうろ。
、、、お騒がせしました^^;


131112_2
うつわやカゴ、赤ちゃんのための小さなもの
洋服から紙モノ雑貨、アロマグッズなど
商品も充実しています。


最後は
一日案内をしてくれたNさんとパートナーさんの
お店、Naturalrhyhmへ。
噂の白ヤギ、メイちゃんと挨拶してから
のんびりと、おいしいココアをいただきました。
大自然の中に忽然と現れるあの衝撃
思い出してはハッとします^^


この辺りの方言は長野の(伊那の山奥の)それに似ていて
親近感を覚えたりして。
おいしい食べもの、あたたかい人柄に触れ
都内から山梨に移住してくる人が多いというのも
大いに納得、の一日でした。


| | トラックバック (0)

2013.10.23

ブドウフルフルヤマナシ_1

131022_1
葡萄ふさふさ実る山梨へ。
(先月末のこと)


131022_2
旬の野菜パスタ。


おおきな緑とみずうみのさざ波
とっておきの景色を眺めつつ。


131022
西湖をのぞむcafe Mにて。
ずっと訪れてみたかった場所に、思いがけず。


| | トラックバック (0)

2012.05.13

北へ旅する_3

201205123
残念ながら次の日も雨降り、、、
ではありましたけど
傘を片手にスキップしたくなるような
心おどる再会も。

ママになった「Siesta Labo」の附柴さん^^
かわらずキラキラつややかな附柴さん、
ますますファンになってしまう。

お店で買いもとめたフラワーガーデンのクリーム。
指先にぬっては鼻をくんくん、
とりどりの花がデザインされたパッケージ図案は
「点と線模様製作所」岡さんによるものとか。

その他
おおば比呂司さんの作品ならぶ記念室
(千秋庵「小熊のプーチャンバター飴」のイラスト)
もはや4号店にもひろがる森彦の本店
(カフェオレごちそうさま^^)
附柴さんに教わったスープカレーのお店「VOYAGE」
緑と歴史ある建物が散在する、見所たくさん北海道大学
などめぐる。

| | トラックバック (0)

2012.05.10

北へ旅する_2

20120510
初日はあいにくの雨の中
札幌観光。
テレビ塔、大通公園、時計台、北海道庁旧本庁舎などをめぐり
シメはすすきの、ラーメン横丁にてさっぽろラーメン。

何気なく散策中、時おりばったり遭遇する
趣きある古い建築物に目をうばわれてしまう
建築散歩にもぴったりな街。

そして
旅先でのお約束、スタンプ台の設置率が高く
心はずませつつ収集を。
(ちなみに
よく持ち歩くスタンプ帳は、無印の文庫ノート(薄い方))

次回も市内散策つづきます。

| | トラックバック (0)

2012.05.09

北へ旅する_1

GWは、北海道へ。
父方の祖父や義兄が北海道出身だったりと、縁はあるものの
津軽海峡を越えるのははじめてのこと。
空港から札幌へ向かう道中、列車の窓から眺めた
北の大地らしい樹木、赤みがかった桜はな、見なれない形の家なみ
目にうつるすべてが新鮮に感じられる。


しばらく北海道でのできごとを綴ります。

| | トラックバック (0)