« 掲載誌(「婦人之友」10月号) | トップページ | 九月のイラスト »

2018.09.18

ある日のおさんじと、本_17

1809
本日も過去のつぶやきから、おさんじの一粒を。
“ある日のおさんじ”は、おやつと
そのおともに読んだ本を紹介するつぶやきです。

※前回からタイトルに「本」をつけ足しました


○ある日のおさんじと、本_17

飛騨高山・招福 猫子まんじゅう

5月に旅した飛騨高山で求めた和菓子は
創業111年の老舗、稲豊園の猫子まんじゅう。
お店の隣の路地裏を行き来する猫たちをイメージして
作られたという5匹の蒸し饅頭は
生地もあんも5種類あり、選ぶのも楽しく。



稲豊園
http://tohoen.com/


○おやつのおとも(本)

人と物1「柳宗悦」(無印良品)

「人と物」をコンセプトにくらしを見つめた文筆家を
取り上げ、複数の短編を集めて一人一冊の仕立てに編集された
MUJI BOOKSの文庫本。
第一弾として出版された「柳宗悦」には
名もなき日用品に美を見いだした「雑器の美」他4編が
収録されています。

飛騨高山は民藝の主導者たちが数多く訪れて滞在した地でもあり
街の中心部にある日下部民藝館には迫力の鯉のぼりをはじめ
民芸品、工芸品の数々が。
少し歪んだガラス窓から眺めた、青々と苔むした庭もうつくしく
目に焼きついています。

飛騨高山旅のおともでもあった本のご紹介でした。



MUJI BOOKS
http://www.muji.com/jp/mujibooks/

日下部民藝館
http://www.kusakabe-mingeikan.com/


|

« 掲載誌(「婦人之友」10月号) | トップページ | 九月のイラスト »