« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010.10.27

松茸ざんまい

Susuki
長野にある父の田舎から小包みがとどく。
荷をほどくと
ぽわん、と秋の香り漂う。
巨大な松茸が、三つ顔をのぞかせた。
一番大きなものは、その傘直径20cmほど!
(まるで、“さるの腰かけ”みたい)

その日の晩は、松茸ごはんとお吸い物に。
その次の日も、松茸ごはん。

たっぷりと秋の味覚を堪能して。
ごちそうさま。
いつもありがとう^^

| | トラックバック (0)

2010.10.21

掲載誌(天然生活12月号ほか)

201012tennen
・天然生活12月号

“プレーンバッグのリメイク”ページに
スタンプを押したはぎれなどで
リメイクしたバッグとイラストが掲載されています。

無印のシンプルなバッグを使ったリメイク。
麻糸を編んだり、スタンプではぎれに模様を施したり
それらをコラージュして
自分いろのバッグが仕上がりました。


また、“エコな会社、エコなもの”ページに
イラストが掲載されています。

今回は、環境にやさしいガラスびん作りをしている
日本山村硝子さんのお話し。

「エコロジーボトル」の製造や「超軽量びん」の開発など
ガラスびんのエコ化を、さらに進めているそうです。

・リンネル12月号

月刊化したリンネル。
創刊号のパナソニックタイアップページに
イラストが掲載されています。

特別付録は、ランチバッグサイズの
ふんわかキルティングトート。
宝島社さんらしく、豪華です。

・pumpkin11月号

“「食介護」のすすめ”ページに
イラストが掲載されています。

| | トラックバック (0)

2010.10.20

高遠ブックフェスティバル

Kazamidori
南信にある
高遠は、桜で有名なところ。

父の田舎がほど近いので
「本の家」という古書店&カフェができたと
耳にしたときから気にはなっていた。

昨年から始まったブックフェス
今年はよりバージョンアップし、
2日間だった昨年から、6日間開催されたと
新聞で知る。

平間至さん、津田直さんのトークイベント
しりあがり寿さんによるワークショップなど
なかなか豪華な顔ぶれ。
あの静かな、どちらかといえば保守的な町が
「本」を通して活気づいていくことを
不思議な面持ちで想像をめぐらせた。

| | トラックバック (0)

2010.10.18

モールあそび

Saruto
夏に甥っ子が遊びにきたとき
手づくりのおもちゃを作ってあげたくて
ささっと仕上げたモールの
サル(バナナつき)とカメレオン。

ロボット、電車、車、ブロック、パズル
数え切れないほどのおもちゃにかこまれて
都会で暮らす甥っ子。
お金を使わなくても、楽しく遊べること
手づくりするわくわく感
伝わるといいな。

数年前の「martha kid's」を参考に。
「martha kid's」は、手づくりおもちゃの宝庫。
どれもかわいくて、試してみたくなる。

| | トラックバック (0)

2010.10.12

YAMAHAさんカタログ

Yamaha2
夏にスタートしたカタログの企画が
ようやく形になりました。
YAMAHAさんオリジナルの
人造大理石を使用する
キッチンリフォームカタログ。
中ページのイラストを
描かせていただきました。

大変お世話になったデザイナーさんはじめ
企画関係者の皆さま
本当にお疲れさまでした!

人造大理石はつなぎ目がないため
お掃除が楽にできるそう。
明るい色目が多いのも印象的でした。

| | トラックバック (0)

2010.10.04

ことばひろい

Magokoroc
メモ魔ゆえ
大きさ違いのメモ帳を
常にいくつか持ち歩いている。

気になることばを書きとめる
「ことば拾い」も
たのしくて、メモに列ねる。

あらたに書きくわえたことばは
季節ごとにとどくカタログから。
永井宏さんのことば。

「雨も虹のように感じることがあるんだと思った。
雨の音を聴きながら起きた時、
雨戸を開けると、一瞬晴れて、光が急に強くなった。
しかし、すぐに雨がぱらぱら落ちてきて、もとの雨降りの朝に戻った。
でも、屋根に落ち始めた雨音を再び耳にしたら、
オーヴァー・ザ・レインボウの最初の4小節を何度も刻んでいたのだから。」

こんどの雨の日には
オーヴァー・ザ・レインボウをくちずさんで
空をながめてみよう。

| | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »