« マフィンを焼く | トップページ | 鎌倉+藤沢+茅ヶ崎 »

2010.02.08

「精霊」の向こう、浮かぶ真昼の月

Naitourei
鎌倉の美術館で開催されていた
内藤礼
「すべて動物は、世界の内にちょうど水の中に
水があるように存在している」展へ。

著書「世界によってみられた夢」に
影響を受けていたのは、10代のころ。
時を経て、あらためてその世界に触れると
温かく、全てを肯定されたような感覚に。
しばらく、その感覚にまもられているようだった。

記事のタイトル↑は、
中庭の作品「精霊」の、リボンの向こうに
真昼の月が浮かんでいたことから。

|

« マフィンを焼く | トップページ | 鎌倉+藤沢+茅ヶ崎 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191389/47517266

この記事へのトラックバック一覧です: 「精霊」の向こう、浮かぶ真昼の月:

« マフィンを焼く | トップページ | 鎌倉+藤沢+茅ヶ崎 »