« 掲載誌(ESSE5月号ほか) | トップページ | tea roomの日と、ウーロン茶 »

2009.04.11

土佐ブンタン

Tosabuntan
“ボンタンアメ”は好みでは
ないけれど
瑞々しい文旦は
特別なおいしさ。

ある日
高知の知人から
ダンボールいっぱいに
届いた文旦。
その色のとおり
なんてまぶしい香りだろう。

分厚い果皮が
もったいないので
ピールをつくってみる。
さらに
ピールたっぷりの
ケーキを拵える。
ほろ苦くて甘い
不思議な味のケーキに。


     Buntan
     文旦の砂糖漬け(364さんで)。
     この日は、
     EGミルクティーのお茶うけに。

|

« 掲載誌(ESSE5月号ほか) | トップページ | tea roomの日と、ウーロン茶 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土佐ブンタン:

« 掲載誌(ESSE5月号ほか) | トップページ | tea roomの日と、ウーロン茶 »