« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008.10.30

itonowa、open

Itonowatopill

原宿のカフェ、
Annon cookの店長をされていた
渋谷さんのお店
itonowaが
合羽橋にオープンします。

今回、お店のロゴデザイン、DMと
itonowa HP・トップページイラストを
描かせていただきました。

もうすぐ、もうすぐ。
11.2openです。

:itonowa HP

| | トラックバック (0)

2008.10.20

掲載誌(天然生活12月号)

Tennen0812
・天然生活12月号(地球丸)

「小さなしあわせ。おいしいお菓子。」特集
“甘いもの手帖”にて
クッキーの食べ比べをさせていただきました。

登場するクッキーは
神戸フロインドリーブのミックスクッキー
資生堂パーラーの花椿ビスケット(黒缶!)
わかなぱんのクッキー
光原社のくるみクッキー
の4種。

至福のひとときを
お腹いっぱいにかみしめた
うれしいお仕事でした。


     Fcookie
     フロインドリーブのクッキー。

:天然生活

| | トラックバック (0)

2008.10.15

ひなぎく

Hinagikum
ジンジャー白葡萄
ぼんやりとした灯り
木のテーブル
いろいろな器と
       
小さなお花
素朴な焼き菓子
万華鏡
奥のギャラリー
海月書林
友達と過ごした時間

そのどれもが
綿毛にくるまれたような
心地よい思い出。

いつかまた、と願ってしまうのは
私だけでは、きっとないはず。

      Hinagikuc
                 窓辺にて。
        右端に、ジンジャー白葡萄が。


| | トラックバック (0)

2008.10.12

指さきと、集中力

Tawashi
趣味はたくさんあるほうだと思う。
新しいところで、
アクリルたわし作り。

仕事にとりかかる前
かぎ針片手に、無心で編む。
不思議と、その後の仕事にも集中でき
一石二鳥だったりする。

北京オリンピックの期間中、
金メダルを量産した中国の選手たちは
試合の合間に刺しゅうをして
指さきを使っていたとか。
次元は違えど、
大いにうなずけたお話し。

| | トラックバック (0)

2008.10.07

掲載誌(ESSE11月号)

Fgenmaip
・エッセ11月号(扶桑社)

料理インデックスページ、
および目次ページのリレーエッセイ
「忘れられない思い出の味」に
イラストが掲載されています。
11回目は、タレント・北斗晶さんの
「とれたて野菜、炊きたてご飯、
産みたて卵の朝ご飯」。

:ESSE
photo:furacoco no lunch

| | トラックバック (0)

2008.10.05

なめとこ山のうつわ

Tokoname1
ひんやりと秋らしい空気の一日
松村英治さんの作品展へ。

松村さんは、愛知県は常滑の作家さん。
秋の彩りにぴったりな
焼締のうつわが魅力的です。

驚いたのは、その口当たりのなめらかさ。
3度に渡りうつわを焼いては
砥石で磨き、やすりをかけているとか。
手抜きはできない、と仰る言葉が心に響きます。

さてタイトルの「なめとこ山」。
5月に旅した常滑。
「常滑」と言いたいのに、口をついて出てくるのは
「なめとこ」。
ともに旅した友人に、幾度となく笑われてしまう。
賢治作品のひとつに、その理由はあるのですが。
(「なめとこ山の熊」)

| | トラックバック (0)

2008.10.01

ガーオが、食べたい

Oikko2_2
ガーオ、ガーオ。

甥っ子の
女の子みたいに甲高い声がする。
大人のことばに訳すと、
ドーナツ食べたいよ〜。

ミスドのストロベリーミルクリングも
豆腐屋さんのおからドーナツも
ぺろりとたいらげる今日この頃。

すこーし、たくましくなった
甥っ子、ただいま3歳です。

| | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »